商品表示研究所

代表メッセージ

企業の方々から最も多く聞かれるのが、この質問です。
「わが社の認知度をアップするには、どうすればいいのか?」
さまざまなメディアが溢れる中で、多くの企業が効果的なブランディングや広告戦略を求めています。
株式会社商品表示研究所では、そんな時代と人々のニーズに答えるべく、設立されました。
弊社では、各メディアで長年にわたって実績を積んできた精鋭たちが揃っています。
豊富な経験と尽きない情熱で新たなムーブメントを巻き起こし、御社をもっと輝かせる戦略をともに考えてまいります。
代表 柘植敬子

柘植敬子 プロフィール

東京女子大学卒。安田火災海上保険株式会社(現・損保ジャパン)に女性総合職として4年勤務した後、 放送作家として活動を開始。
ワイドショー、報道系を中心に、数多くの番組を手掛ける。
中でも、愛子さまご誕生時から皇室番組の構成を担当し、現在も第一線で活躍中。
日本放送作家協会・日本脚本家連盟会員。
2012年より番組制作会社を立ち上げ、多くのスポンサー番組に関わる。
売上に繋がるブランディングの必要性を実感し、2015年4月に、株式会社商品表示研究所を設立した。
著書に、「女帝のいた時代」(自由国民社)、「大人も子供も脳の鍛錬 ギリシア神話」
「大人も子供も脳の鍛錬 哲学」(毎日コミュニケーションズ)、「フィレンツェ 愛の彷徨」(ダイソー出版)
「14歳の私が書いた遺書」(河出書房新社)がある。